ネット広告

(Google広告)




ネット広告って?

 ネット広告と言えば、今はGoogle広告が主流でしょうか。

 

 Google広告とはインターネット検索でよく見かける下記のような広告のことです。Google広告と呼んだり、リスティング広告、アドワーズ、デジタル広告、インターネット広告、ネット広告、ウェブ広告などと呼んでいる人もいるかもしれません。主に検索キーワードに応じて検索結果上に表示される広告のことですが、ディスプレイ広告や動画広告といった、ほかのサイトなどに広告を表示させる仕組みもあります。

 インターネット検索はお店や商品、サービスを調べるのに欠かせないツールです。そのためインターネット広告(Google広告・リスティング広告)はますます需要が高まる宣伝手法でしょう。

 

Google広告の6つの目的とは?

Google広告の目的とは、Google広告利用者のビジネス目標を促進させることです。

 

わかりやすく言うと、

 

①売上げを向上させる

 

②見込み顧客を獲得する

 

③ウェブサイトへのアクセスを増やす

 

④検討段階で働きかける

 

⑤認知度を高める

 

⑥アプリをプロモーションする

 

この6つです。

 


Google広告の3つのメリットとは?

Google広告のメリットは

 

・関連性

・管理性

・成果

の3つです。

 

関連性

ユーザーは目的に沿った検索をする

 Google広告のメリットの一つに関連性があります。ユーザーは「大宮 焼き鳥屋」「埼玉 当たる占い師」など、具体的なキーワードで調べるため、そのキーワードで調べた際に表示される広告を見てくれやすくなり、集客および宣伝効果が高くなります。

 リスティング広告で設定するキーワードは多いほうが検索で表示される確率が上がります。例えば、埼玉にある結婚相談所の場合、「埼玉 結婚相談所」だけでは物足りません。「埼玉 婚活」「埼玉 お見合い」などといったキーワードも欲しいところです。

テキスト文など広告の作り方も重要

 リスティング広告の重要なカギを握る広告のテキスト文。広告は掲載できる文字数が限られています。その限られた文字数の中で最大限、お客様の特徴、魅力を表現する必要があります。

 

管理性

Google広告のメリットの2つ目は管理のしやすさです。

 

成果

測定ツールを使用すれば、広告の成果を簡単に把握でき、広告を調整して広告のパフォーマンスを向上させることができます。

手数料制だと広告費が多いほど負担が大きい

 一般的なリスティング広告運用会社では、月々の広告費の20%を手数料として請求しているところが多いのですが、当社は段階的に固定で手数料を設定。広告費の20%という仕組みだと、月々の広告費が多いほど、比例して手数料が増え、お客様の負担も大きくなってしまいます。