· 

ニーズを知る

7月も中旬を過ぎました。

 

7月のGoogle広告は

ちょっと荒れ気味です。

実線が7月、点線が6月
実線が7月、点線が6月

ページ上部のインプレッション割合は

6月に比べ、改善したのですが

クリック率が少し低下しています。

 

今月はまだ残り10日ちょっとあるので

変わる可能性はまだありますが

表示回数が減っている広告もあり、

業種によってニーズが変わってきている

のかなと感じます。

 

需要が安定しているビジネス、そうでないビジネス

当然ですが

ビジネスによって

ニーズは異なります。

 

ビジネスによっては

1年間通して見た時に

需要がある月と

そうでない月があるものも

あると思います。

 

例えば、

年末に需要が多いビジネスとか

春先に需要が多いビジネスとか。

 

また、

昨年はニーズがあったものでも

今年はニーズが低下している

ものもあります。

 

上の表はGoogleトレンドで見た

「マスク」の検索ニーズの動向です。

 

春先がピークだったのが

わかります。

 

コロナ以前はほとんど

ニーズがなかったのも

わかりますね。

 

これは「占い」の動向。

 

年間通して

安定したニーズがあります。

 

ちょっと上向いてきています。

 

上のグラフは「婚活」の動向。

 

コロナによって

ガクンと下がっています。

 

昨年の良い時と比べ、

4〜5割近くダウンしている

状況です。

 

婚活ビジネスのお客様も

いらっしゃるので

この動向を見ると心配ですね。

 

「リフォーム」の検索動向。

 

こちらも安定傾向。

やや上向いてきています。

 

コロナで家にいる機会が増え、

リフォームニーズが

高まっているのでしょうか。

 

「ネット広告」の動向。

 

私がやっているビジネス分野です。

 

動きが激しい💦

 

たしかに4月、5月は

お問合せが多かったのですが

ここにきて減少ぎみです。

 

私が言うのも変ですが、

こうした動きの激しいビジネスって

売上げの波が大きく、

ビジネスとしては不安定です。

 

あまりおすすめ出来ません。

 

でも、波は激しいのですが

「ネット広告」に関しては

徐々に波が真ん中の50よりも

上に位置しています。

 

需要が増えている

ということですね。

 

魚がいる釣り場、いない釣り場

この言い方が適切かは

わかりませんが、

魚がいる釣り場で釣りをするのか、

いない釣り場でするのかで

当然ですが釣果は異なります。

 

いない釣り場で

いくら釣り糸を垂らしても

獲物はかかりません。

 

また、

波の激しい釣り場で釣りをするのも

不安定です。

 

とはいえ、

魚が減っている釣り場で

勝負する方法はありますし、

波の激しい釣り場で勝負する方法も

あります。

 

まったくのゼロの漁場なら

挑戦する意味はありませんが

あなたがやっているビジネスにおいて

ゼロでないとしたら

頭を使ってチャレンジする価値は

絶対にあります。

 

要は

あなたがやっているビジネスは

ニーズがどのくらいあるのか?

 

それを把握することが大切。

 

ニーズがないとしたら

どう勝負していくのかを

戦略的にどのように

考えていくのか。

 

 

そうしたことを

スピード感を持って

ビジネス展開していけると

いいですね。

 

コロナに勝って

ビジネスにも勝つ!

 

応援しています!

私もがんばります。

 

ブログ読んでいただき

ありがとうございます。

 

ではまた明日。

 

ネット広告代理店(Google広告)・ホームページ作成(jimdo)・SEO対策・動画制作なら

デンネット

☎︎080-2396-3911

 メールでのお問合せ

↓ツイッターもご覧ください。

https://twitter.com/NetTanaka