· 

検索広告って結局ライティング力だ!

キャッチコピーに役立つ言葉が満載
キャッチコピーに役立つ言葉が満載

クライアントの検索広告で

なかなか「クリック率」が

改善しないものがあります。

 

クリック率が低い

検索パートナーにも

掲載設定しているからかな?

とも思ったり、、、

 

いろいろ思考してしまう。

 

でもよくよく考えると

クリックしたくなる広告文じゃないから

クリックしてもらえないわけで、、、

 

それって自分のせいでもあるな

とも思うわけです。

 

もちろん

クライアントの広告文は

一つひとつ丁寧に考え作成しています。

 

が、

実際運用すると

クリック率が伸びない広告もある。

 

自信を持って作った広告文なのに

クリック率が低いってこともある。

 

検索ユーザーの求めるものと

違ったのでしょう。

 

常に試行錯誤。作成→実践→分析→改善の繰り返し

 

私はクリック率の低い広告文を

定期的に見直すようにしています。

 

特にレスポンシブ検索広告は

クリック率が著しく低い

見出しや説明文があり、

ほとんど広告表示されていない

ものもあったりします。

 

Google広告のAIが

検索意図にそぐわないと判断し

外している可能性もあります。

 

そういったことも考慮して

広告文を見直します。

 

私のような広告運用者は

検索ユーザーとGoogle広告AIの

両方を意識しながら

広告を運用しないと思うような

成果に結びつきません。

 

日々、試行錯誤で、

作成→実践→分析→改善の

繰り返しです。

 

ライティングで大事にしていること

 

私がライティングで

大事にしていることは、

 

なるべくクライアント独自の

特徴、魅力を広告文に入れること。

 

広告の文字数が限られているので

簡潔に記述しなければなりませんし、

選定したキーワードに即した

文章も入れないといけませんが、

そうした視点を持って作成しています。

 

そのほかにも

数字を入れるとか、意表をつく表現を

入れるとか、流行に乗るとか、

男性向け表現とか女性向け表現とか

いろんなテクニックはあるんですが。

 

とにかく検索広告で

クリックしてみたくなる広告を作るなら

ライティング力は必須スキルですね。

 

私ももっと勉強していかなきゃ。

 

ブログ読んでいただき

ありがとうございます。

 

ではまた。

埼玉でGoogle広告を運用している田中
Google広告運用者の田中です。顔が大きい。笑