· 

ネット求人サポート

「新しい事務の人、決まったよ。

来週から来るよ」

 

と、

今日、お客様から言われました。

 

このお客様は

私が行っているネット求人サポートを

利用してくださっている法人様。

 

ネット求人サポートふやして田中さんとは

Google広告を利用した求人広告だったり、

ハローワークインターネットサービスや

求人ボックス等の無料で掲載できる

求人情報を駆使し、応募者を増やそう

というサービス。

 

ただ単に求人情報を載せるだけでなく、

掲載する文章をいかに応募したくなるか

を追求しながら求人用のテキストを作成。

 

このGoogle広告を利用した求人というのは

おそらく私のところだけなのでは

ないでしょうか?

(ホント?)

 

求人サイトや転職サイト自体が

Google広告で宣伝することはあっても

個人の会社がGoogle広告で

求人をPRすることはない気がします。

 

Google広告ってホントいいんですよ。

 

Google広告って、ある程度、

採用したい性別や年齢層、地域を選んで

広告表示ができるんです。

 

だから

広告予算の無駄がありません。

 

しかも、

キーワード検索連動型広告なので

「事務 求人」や「営業 求人」

のように職種を入力して求人を

ネットで探す人にダイレクトで

広告表示がされます。

 

これも無駄がありませんし、

大きな魅力です。

 

コストをかけず、いかに露出を増やすか

求人にかけるコストって

意外と大きいんですよね。

 

特に不人気職種だと

応募すら来ない。

 

有名な求人サイトなどは

掲載するだけでも大きな費用が

かかりますし、出せば応募が

増えるかと言ったらそうとも言えない。

(応募が増えることもあるでしょうが)

 

でも求人していますよという

情報はどんどん出していかないと

求職者の目には止まりません。

 

自社ホームページの採用情報で

宣伝したって、よほど有名な会社で

ないと応募はほとんど来ません。

 

だからコストをいかにかけずに

露出を増やすかがポイントなんです。

 

今の時代はなんでもネットで

検索する時代ですので

Google広告を利用した求人広告が

一番効率的かもしれませんね。

 

などと、宣伝ぽい記事になって

しまいました。笑

(狙ったな)

 

とはいえ、

応募者が集まりにくい場合もあります。

 

私が見ていて感じるのは

たいがい人気がない求人というのは

給与が少なかったり、

休日が少なかったり、

仕事内容が大変そうだったり、

そういった仕事は

ネット求人サポートをやっても

集まりにくい。

 

そういった給与や待遇面にも

魅力を感じる仕事じゃないと

応募は来ないかもしれませんね。

 

悲しい状況ですが、

コロナによってさまざまな事情で

失業者が増えていると思うので

待遇面などを魅力的にすれば

応募者は増えると思います。

 

求人でお困りの方が

いらっしゃいましたら

気兼ねなくご相談ください。

 

>>ネット求人サポート

 

ここまでブログ読んでいただき

ありがとうございます。

 

ではまた明日。

 

ネット広告代理店(Google広告)・ホームページ作成(jimdo)・SEO対策・動画制作なら

デンネット

☎︎080-2396-3911

 メールでのお問合せ

ツイッターもご覧ください。https://twitter.com/NetTanaka