· 

検索ボリューム

以前、Google広告の

キーワードプランナーについて

下記のようなツイートをしました。

 

月間平均検索ボリュームとは、

対象のキーワード(類似パターンも含む)

が検索された平均回数を指します。

 

指定した月単位の期間や地域、

検索ネットワークで、

どれくらいの検索数があるか

数値で表してくれます。

 

この機能は便利なんですよ。

 

ユーザーの検索傾向が

把握できるんですね。

 

たとえば、下記の表を見ると、、、

・エアコンクリーニング

・エアコン清掃

・エアコン掃除

 

これらのキーワードでは

「エアコン掃除」が

一番検索数が多いです。

 

次いで

「エアコンクリーニング」。

 

エアコンクリーニングって

お仕事として

やってらっしゃる方がいると

思います。

 

エアコンクリーニングの

月間グラフを見ると

5月が最も検索数が多いです。

 

このことから、

5月前にチラシやネット広告など

積極的にPRしていったほうが

良いでしょうね。

 

キーワードの検索回数が

1年間のどの時期に多くなるかを

分析できると、

どの月にニーズがあるかも

理解できます。

 

このシステムは便利です。

 

タピオカを超えた検索数

タピオカブームが

騒がれていた時、

タピオカの検索数の

マックスは

183万回でした。

 

183万回って

とんでもない数字だなと

思っていたのですが、

「コロナ」や「マスク」は

そのタピオカを軽く超えました。

 

検索数を把握し、ビジネスに活かす

このようにGoogle広告の

キーワードプランナーの

機能を使えば

ニーズがわかります。

 

ニーズを把握することで

ビジネスに活かすことが

できます。

 

データ分析を適切に行うことで

ビジネスの規模感や将来性を

読み取ることが可能でしょう。

 

Google広告のこの便利な機能を

活かして、皆さまのビジネスが

より良い方向に進められることを

願っております。

 

ネット広告に興味をお持ちに

なられた方はお気軽にご相談ください。

 

>ネット広告についてはこちら

 

ブログ読んでいただき

ありがとうございます。

 

ではまた明日。

 

ネット広告代理店(Google広告)・ホームページ作成(jimdo)・SEO対策・動画制作なら

デンネット

☎︎080-2396-3911

 メールでのお問合せ

ツイッターもご覧ください。https://twitter.com/NetTanaka