· 

除外キーワードはデイリー業務

 

Google広告を運用する際、

キーワード設定には

完全一致、フレーズ一致、

部分一致といった設定の仕方が

あります。

 

説明が長くなっちゃうので

ここでは各設定については

書きません。

私が過去に書いたこちらの

ブログをご覧ください。

 

Google広告を出したいお客様は

指定したキーワードで

広告を表示させてほしいという

要望をおっしゃる方もいます。

 

例えば、

「埼玉 占い」とか、

「埼玉 結婚相談所」とか。

 

そうした特定のキーワード検索で

広告を表示してほしいと

言われることがあります。

 

そうしたキーワードは

完全一致やフレーズ一致で

設定をしますが、

そのようなキーワードは

人気があるので他の広告主も

そのキーワードで広告を

出しています。

 

ですから

クリック単価が高騰しやすく

少予算Google広告では

クリック数やクリック率が

ほとんど伸びない。

 

予算をもっと引き上げれば

広告が表示され、

クリック率も上がることが

期待できます。

 

ここが頭の痛いところで、

私のところにご依頼くださる

方々は中小企業がほとんどなので

使える広告予算が限られています。

 

なので、

クリック単価の高いキーワードで

あまり広告表示回数やクリック数が

伸びない場合、私は部分一致に

切り替えて運用するようにしています。

 

部分一致だと

お客様の要望するキーワードで設定が

できるほか、広告表示の幅が広がるので

ユーザーの目に触れさせる機会が

増えていきます。

 

部分一致だと除外キーワードはデイリー業務になる

 

部分一致って汎用性があり

広告表示の幅が広がるので

良い機能だと思います。

 

が、

 

意図しないキーワードで

広告表示されることも

増えていくんです。

 

例えば、

「埼玉 占い 無料」とか

「外壁塗装 安い」とか。

 

上記のようなキーワードですと

無料のもの、安いもの目当ての

人が検索しているので、

 

こうしたユーザーですと

ほとんどの場合、来店客、購入客

には結びつきません。

 

でも

広告が表示されてしまいます。

 

このような検索キーワードで

今後表示されないようにするために

「除外キーワード」にする

必要があります。

 

私は各クライアント様の

除外キーワードのチェックを

毎日やっております💦

 

他の広告代理店って

こうした作業をやっているのかなあ?

 

経験上、これをやらないと

意図しないキーワードで

広告が表示されてしまい、

無駄な予算が使われてしまうので

やっていると思うのですが、、、。

 

こうした作業を含めると

当社の料金設定って

安すぎたなあと感じています💦

 

もし、このブログを読んでいる方で

今、他のGoogle広告運用代理店に

頼んでいる方(部分一致を利用)は

除外キーワード設定をしてもらって

いるかを確認したほうがいいですよ。

 

これまでの除外キーワードリストを

出してもらってもいいでしょうし。

 

無駄に予算を使われている場合も

ありますから。

 

良心的にやっている運用代理店が

ほとんどでしょうけど、

こうした知識も頭に入っていると

Google広告運用をより良い方向へ

導いていけると思います。

 

ブログ読んでいただき

ありがとうございます。

 

では今日も

デイリー業務をがんばります!