· 

「除外キーワード」を効果的に使う

 

私がやっている

少額リスティング広告は

使える広告費が少ない。

 

デンネットでは

リスティング広告運用費は

1ヶ月22,000円から。

 

人によっては

少なくはないと

思う人もいると思う。

 

確かに

22,000円だって

決して安くはない。

 

だけど

リスティング広告を

やったことがある人からしたら

22,000円で反応あるんかい?と

思うはず。

 

結論から言うと

22,000円でも

業種や地域によって

効果はある‼︎

 

コンバージョンは

獲得できる‼︎

 

大事な広告費を無駄に使われないために

 

22,000円だって

やってみなければ

わからない。

 

けれど

ただ無闇に広告を出せば

いいってもんじゃない。

 

狙ったユーザーに

効果的に広告を届けるためには

いくつもの工夫が必要。

 

その工夫のひとつが

「除外キーワード」の活用。

 

除外キーワードとは

特定の語句を含む検索に対して

広告が表示されないようにする仕組み。

 

私は業種によっては

先に除外キーワードを

設定してしまう場合がある。

 

たとえば、

不用品回収関連の

リスティング広告なら

「無料」というキーワードを

あらかじめ除外キーワードで

設定してしまう。

 

 

そうすれば、ユーザーが

「無料」と入力した検索には

広告が表示されないわけだ。

 

「無料」と検索するユーザーは

お金をかけずになんとかしようと

考えているはずなので

お客様にはなりにくい。

 

考えていたとしても

安い金額でやってくれるところを

探しているはず。

 

だから私は

「◯◯◯ 無料」と検索した時に

広告が表示されないよう

除外キーワード設定を行う。

 

そのほかにも

「安い」というキーワードも

業種等によっては

避けたほうがいいかもしれない。

 

もちろん

安さを売りにしているところは

逆に「安い」とか「格安」という

キーワードで設定し

バンバン集客を狙うのもいい。

 

除外キーワードを効果的に使って効率配信を!

 

このように

除外キーワードの機能は

効果的に使うと

予算を無駄に使われなくて済む。

 

特に私がやっているような

少額リスティング広告なら

なおさらこの機能は使わねばならない。

 

顧客につながらなそうな

キーワードを先読みし

設定しておくことで

本当に届けたい人に広告を

届けられる可能性が広がる。

 

リスティング広告をやっている方は

この便利な機能をぜひ活用してほしい。

 

リスティング広告を

出してみたい方は

お気軽にお問合せください。

 

ではまた。