· 

中小企業が勝てる⁉︎キーワード戦略

「検索数の多いキーワード」で

広告を出したい。

 

Google広告のようなネット広告で

広告を出そうと考えている人は

そのように考えるのは当然です。

 

「東京 結婚相談所」

「越谷 車検」

「引越し 格安」など、

そのサービスを利用したい人が

まず検索したり、

検索しやすいキーワードは人気があり、

ビッグキーワードと呼ばれたりします。

 

そのようなキーワードって

他の広告主も広告を出したいと

考えており、人気が集まります。

  

Google広告の検索広告って

オークション方式のため、

人気のキーワードほど

広告掲載をしたい人が多く、

広告のクリック単価が高い傾向。

 

限られた予算内で、成果につなげる戦略

潤沢な広告予算があれば

ビッグキーワードに集中させ、

広告掲載をしていけるのでしょうが、

少予算ではそうもいきません。

 

特に

中小企業や個人事業主の皆様は

広告予算が限られていると思います。

 

私、思うんですが、

限られた広告予算内で

Google広告を運用していくには

いくつか戦略が必要だと感じています。

 

その戦略のひとつとなるのが

「キーワード戦略」

です。

 

ほかにも、ユーザー属性戦略や

広告配信スケジュール戦略、

広告テキスト文戦略、

広告表示オプション戦略があるんですが

それについてはまた後日お話しします。

 

私のところでは

ビッグキーワードも設定しています。

 

しかし、それだけでは

広告予算が潤沢な企業との

Google広告運用には勝てません。

 

「ミドルキーワード」や

「スモールキーワード」といった

ビッグキーワードとは言えないまでも

人気があるキーワードや

やや隙き間を狙ったキーワード設定も

必要だと考えています。

 

こうしたキーワードって

いい部分があるんです。

 

それは

なんといっても

競合の少なさ、

クリック単価が比較的低いこと、

ページ上部のインプレッション率を

高めやすいことでしょうか。

 

ビッグキーワードではないけど

需要のあるキーワードを狙うことで

競合の少ない状況で

広告を出していけます。

 

キーワードボリューム数が少なくても

売上げにつながる可能性のある

キーワードってあるはずなので

それを見つけ出すのが必要ですね。

 

そうしたキーワードを探すのが

少し苦労するのですが、

それは広告代理店の腕の見せどころ

なのだと思います。

 

多角的な視点を持ちながら、

ユーザーの目線も持ち、

どんなキーワードが売上げに

つながるのかを考えていく。

 

そうした視点を持ちながら

広告運用にのぞめば、

少予算でも成果につながる運用が

実現できるのかなと思います。

 

コロナが少し落ち着いてきて

これからビジネスが

動いていきそうな予感がします。

 

Google広告で広告を考えている方は

そろそろ準備したほうが

良さそうです。

 

Google広告をお考えの方は

気兼ねなくお問合せください。

 

>>お問合せメール

 

ブログ読んでいただき

ありがとうございます。

 

ネット広告代理店(Google広告)・ホームページ作成(jimdo)・SEO対策・動画制作なら

デンネット

☎︎080-2396-3911

 メールでのお問合せ

ツイッターもご覧ください。https://twitter.com/NetTanaka