· 

【ディスプレイ広告】プレースメントの除外設定

少予算でのGoogle広告は

効率配信がポイント。

 

限られた予算を

どう有効活用するか?

 

以前、Google広告ヘルプに

書かれてありましたが、

初めてGoogle広告を掲載する場合

3万〜15万がおすすめとのこと。

 

当社は

月々2万とか3万の運用が多いので

きっとGoogle本社の方は

少な過ぎると思っているでしょう。

 

しかし、

儲かっている中小企業なら

いいのですが、5万、10万は

大金ですし、ほとんどの

中小企業は限られた予算しか

出せないのが現実だと思います。

 

その金額を出して

必ずお客様が来るというなら

出すでしょうが

広告というのはそうとも言えません。

 

ドルコスト平均法の考えでは

ありませんが、金額は少なくても

毎月続けてネット広告として

露出して行ったほうが

集客につながる確率は高まる

のだと思います。

 

限られた予算を活かすための除外設定

 

実は検索広告だけでなく、

ディスプレイ広告でも

除外設定を効果的に使いながら

効率運用を行っています。

 

ちなみに 

Google広告のディスプレイ広告は

ウェブサイト、YouTubeチャンネル、

YouTube動画、アプリなどに

画像付きで広告が掲載されるものです。

 

ディスプレイ広告は

どのサイト、YouTube等に掲載されたか

わかります。ちなみに広告を表示できる

場所をプレースメントと呼ぶそうです。

 

私はそのデータを見て

除外設定を判断しています。

 

サイトの中身や動画の中身、

視認範囲のインプレッション、

クリック数、クリック率などを見て

除外するかを決めています。

 

これはとても地味で面倒な作業です。

 

地味だけど余計なところに

広告が表示され無駄な予算が

使われてしまいますから

大事なことです。

 

クリック率0.00%の広告も
クリック率0.00%の広告も

ディスプレイ広告を

やってきて分かったことですが

ディスプレイ広告は

検索広告よりも

クリック率がかなり低いです。

 

私が運用している広告の中には

0.00%っていうのもありました。

 

けど、

クリックされないからといって

その広告が見られていないとは

言えないのですが、

 

私がここまでやってきて

0.00%〜0.50%あたりのクリック率の

広告配信先って

その広告と相性が良くないケースが

多い印象です。

 

この作業をやっていると

いろんな動画やサイトの実態を

知れて楽しい面もあります。

 

ここでは詳しく言えませんが

ユーチューバーって

すごくたくさんいるって

分かります。

 

まあ、それはさておき、

除外設定は

一つひとつ確かめていく作業が

手間がかかります。

 

まあ、そんな感じで

Google広告の運用を行っております。

 

がんばります。

 

Google広告に興味のある方は

気兼ねなくご相談ください。

 

ブログ読んでいただき

ありがとうございます。

 

ではまた明日。

 

ネット広告代理店(Google広告、Yahoo!広告)・ネット求人サポート

デンネット

☎︎080-2396-3911

 メールでのお問合せ

↓ツイッターもご覧ください。

https://twitter.com/NetTanaka