· 

動的検索広告

Google広告には

「動的検索広告」という

掲載手法があります。

 

Googleが

ウェブサイトに基づいて

自動で広告を

表示してくれる機能です。

 

便利だが不安を感じる点もある

キーワードの指定や設定を行わなくても

サイトのコンテンツと

関連性の高い検索に対して

自動的に広告を表示してくれます。

 

ですので、

サイトの関連性の高いページに

見込み顧客を直接誘導できます。

 

これを

Googleの人工知能が自動で

やってくれるのでしょうね。

 

便利な機能です。

 

けど、

ある不安はありました。

 

その不安とは、

 

・こちらが意図するキーワードで

検索してくれるのか?

 

・見てほしいページにちゃんと

誘導してくれるのか?

 

私は

その不安を確かめるため、

3月から当社で動的検索広告を

実験的にやってみました。

 

やってみた結果

やってみた結果は、、、

 

 

結論から言うと、

ダメでした。

 

当社のビジネスと

関係ないキーワードで

広告が表示されていました。

 

ホームページ内の

さまざまなワードに反応して

ユーザーに広告が表示されるので

意図しないワードでも

広告が表示されてしまいます。

 

特に私の場合は

ホームページ内でブログも

書いていますから

そのブログ記事のワードにも

反応して広告表示されていました。

 

中古車専門サイトとか

エステサロンとか

何かの分野に特化したサイト

のほうが相性が良いのかもしれません。

 

サイト内のどのワードに

反応するかわかりませんから

広告としては

不確定要素に頼らざるをえません。

 

掲載費用に関しては

それほど高くはなかったのですが

こちらが意図する効果が

出にくいのかなと感じました。

 

どんなことでもやってみないと

実態がわかりませんね。

 

勉強になりました。

 

今後も

Google広告の研究を続けながら

より良いサービスを

お客様に提供していきたいですね。

 

ブログ読んでいただき

ありがとうございます。

 

ではまた明日。

 

ネット広告代理店(Google広告)・ホームページ作成(jimdo)・SEO対策・動画制作なら

デンネット

☎︎080-2396-3911

 メールでのお問合せ

ツイッターもご覧ください。https://twitter.com/NetTanaka