· 

【知らなかった第3弾】付加保険料

 

私の

知らなかったシリーズ第3弾!

 

今回は

「付加保険料」

 

あなたは

付加保険料って

ご存知でしたか?

 

現在、私は

国民年金の保険料を支払っています。

 

付加保険料とは、

この国民年金の定額保険料に

月¥400を上乗せして納めることで、

将来受給する年金額を

増やすことができる制度です。

 

私はこのことを

たまたま

町の広報紙で知りました。

 

広報の隅っこに

ちっちゃく載っていたんです。

(変なところに気づくというか、

見逃さないところが私らしい。笑)

 

どうやら

実際に加入している人は

約8%しかいないそうです。

(厚生労働省・平成29年)

 

この数字からもわかる通り

知らない人は多いと思います。

 

私も知らなかったですもん。

 

知らない人は損!たった2年で元が取れる!

 

付加保険料の支払い可能期間は

原則として20才〜60才未満です。

 

付加年金料は

1ヶ月¥400。

 

これを納付しておくと、

老齢基礎年金を受給する時、

200円×納付期間の月数

をかけ合わせた金額が

上乗せして給付されます。

 

ということは

仮に40歳から60歳までの20年間、

納付したとします。

 

すると納付総額は

¥400×12ヶ月×20年で

¥96,000。

 

¥200に納付月数を掛けた、

¥200×12ヶ月×20年の

¥48,000が毎年給付されます。

 

2年で元が取れてしまいます。

 

毎年¥48,000もらえるって

大きな金額ですよ。

 

美味しいもの食べに行ったり

旅行に出かけたりできますし。

 

こういう制度って

知らないと損ですよね。

 

さらに「年払い」だとちょっぴりお得!

 

ちなみに付加保険料は

1年分の保険料をまとめて支払う

年払いもできます。

 

通常は

月¥400×12ヶ月=¥4,800

 

ですが、年払いだと、、、

 

 

¥4,710

 

年払いをすると

¥90の割引になります。

 

まあ微々たるものですが

20年払うと¥1,800割引

なりますからね。

 

浮いたお金で

リッチなランチを

食べられますよ。笑

 

いかがでしたでしょうか?

 

今日は

付加保険料について

紹介しました。

 

知らないってことは

まだまだ世の中に

あるでしょうね。

 

第4弾も計画中です。

お楽しみに!

 

ブログ読んでいただき

ありがとうございます。

 

ではまた。