· 

広告の有効性

Google広告には

「レスポンシブ検索広告」

という広告様式があります。

 

レスポンシブ検索広告?

 

当然ですが

Google広告をやっていないと

わかりませんよね?

 

レスポンシブとは

辞書で見ると

「反応が良いさま」

と書いてあります。

 

わかりやすく言うと

いろいろなものに適応する

ということでしょうかね。

 

ホームページだって

パソコン版とスマホ版の

両方がありますものね。

 

あれも

レスポンシブWebデザインって

呼びますから。

 

話を元に戻しますと、

 

レスポンシブ検索広告とは、

15個までの広告見出し、

4個までの説明文を設定することで、

 

それらを自動的に組み合わせて

ユーザーごとに最適なパターンを

配信する広告のことです。

 

従来のテキスト広告と比べ、

検索した人に対して

より関連性の高い広告を

表示させることが可能です。

 

広告見出しと説明文の書き方がポイント

今月からスタートしたお客様のネット広告
今月からスタートしたお客様のネット広告

こういった

テキスト型の広告って、

見出しと説明文の書き方

がとても大切な要素だと

感じています。

 

私はまだまだ

ライティングを研究、勉強中

なので偉そうなことは

言えませんが、

 

今の私が感じる

書き方のポイントは、

 

・キーワードと関連性のある

言葉を適切に使っているか?

 

・印象に残るか?

 

・信用、安心感を感じるか?

 

・クリックしたくなるか?

 

など。

 

限られた文字数で

いかに適切で必要な情報を

盛り込めるか?

 

それがポイントです。

 

ここの書き方が

うまくいっていないと

より良い成果に繋がりません。

 

広告の有効性

Google広告の

レスポンシブ検索広告には

「広告の有効性」という

便利な機能があります。

 

Google広告の人工知能が

広告文を診断し、

評価してくれる仕組み。

 

これは

なにげに便利な機能です。

低い、平均的、優良

などがあります。

優良が一番良い状態。

 

独自性のあるものに

していくのが

意外と難しいんです。

 

難しいけど

やりがいがある。

 

でも

これはホントに

良い機能だと思いますね。

 

こういう点から見ても

Google広告は

使いやすいネット広告だなと

感じます。

 

Google広告で

宣伝してみたい方、

気軽にご相談くださいね。

 

ブログ読んでいただき

ありがとうございます。

 

ではまた明日。

 

ネット広告代理店(Google広告)・ホームページ作成(jimdo)・SEO対策・動画制作なら

デンネット

☎︎080-2396-3911

 メールでのお問合せ

ツイッターもご覧ください。https://twitter.com/NetTanaka