SEO対策


SEO対策とは?

 SEOとはSearch Engine Optimizationの略です。日本語に訳すと「検索エンジン最適化」という意味です。つまり、SEO対策とは検索エンジン最適化のための対策のことです。

 インターネット検索で特定のWebサイト上位表示されるよう施策したり、Webサイト経由での問合せ売上げ向上のための手法取組みを意味します。


ネット時代の今、SEO対策は欠かせない要素

 インターネットが生活に根ざした今、SEO対策を考慮したWebサイト作りはビジネスに欠かせない要素となりつつあります。

 検索結果で出来るだけ上位に位置したWebサイトのほうがクリックされる確率は高まります。

 当社では独自技術によって、SEO対策を意識するだけでなく、クリックしたくなるページタイトル、ディスクリプション作成に力を入れております。


なぜSEO対策が必要なのか?

読売新聞記事より
読売新聞記事より

クリックの95%は1ページ目

 ネット検索時1ページ目に表示されたサイト上位10個がクリック全体の95%を占めます。

 逆にいえば1ページ目にあなたのサイトが表示されないとほとんどクリックされないということ。

 

検索1位はクリック率の35%

 さらに検索1位全体の約35%を占めます。1位〜3位が理想です。とはいえ検索1位は目指すべき場所です。ですが、そもそもほとんど検索されないキーワード1位になったとしても問合せや売上げには結びつきません。


<実力証明チャレンジ企画>

自社サイトをSEO対策してみた

 SEO対策を仕事にしている会社がSEO対策をしたらどうなるのか?これまでデンネットではネット広告代理店としての業務が多忙で、自社サイトのSEO対策はほとんど行っていませんでした。

 

 デンネットの実力を試すため実際にやってみました。↓ブログで紹介しています。




SEO対策の真実

 検索エンジンはユーザーの支持を得られるコンテンツ」を網羅したサイト評価する傾向になっています。

 

 現在ユーザーの6〜7割スマホでの検索が主体となり、スマホでのSEO対策も考慮した施策も必要となっています。

 

アルゴリズム更新による順位変動

 

 さらに検索エンジンのアルゴリズムは定期的に更新されています。更新によって順位変動が起こる場合があります。

 

 そうした不測の事態が起こりえますが、Googleが推奨しているようにユーザーから支持を得られる「コンテンツ」を提供するWebサイトであれば順位変動はあまり恐れることはないのかもしれません。

 

 とはいえ、コンテンツの充実はなかなか難しいのが現実。何をどうやったら良いのか分からない人が多数だと思われます。

 


何もしなければ順位変化は見られない

 

 とはいえ何もしなければ順位は上がりません。SEO対策をしているWebサイトとしていないWebサイトがあった場合、明らかにしているWebサイトのほうが順位が上になります。

 

 ですから何らかの対策を施さない限り、順位上昇や維持は出来ないのが現実です。SEO対策は地道な取り組みでもあります。長期的な視野を持ってチャレンジする姿勢が大切です。