SEO対策の方法

Googleのガイドラインに準拠

検索エンジンでトップシェアを誇るGoogle。

 

SEOを考える上で、このGoogleが提供するガイドラインを理解することが何より大事なことです。

 

 ガイドラインには「ページを検出してもらうためのポイント」、「ページの内容を理解してもらうためのポイント」、「ユーザーに快適に利用してもらうためのポイント」、「SEOの基礎」「サイト構造の改善」「コンテンツの最適化」「クローラーへの対処」「モバイルSEO」「プロモーションと分析」などが紹介されています。

モバイルフレンドリーなWebサイトを優遇

 ガイドラインにはさまざまな内容が書かれていますが、Googleが一番重視しているのはユーザーにとって使いやすくて価値のあるサイトかどうか。

 

 さらにスマホの普及により、現在のGoogleではモバイルフレンドリーなWebサイトを重要視しています。

タイトルタグは最重要ポイント

 あまりここでSEOのことを紹介してしまうと仕事の受注に影響しますので全部は紹介しません。ほんの一部を紹介します。

 

 SEOの基本中の基本ですが、検索結果で表示される「タイトルタグ」は大事な要素です。

 

 タイトルにはキーワードを含めることが大切です。

 

 さらに、タイトルタグの書き方次第でクリックされる率が変わります。3番目に表示されていたとしてもタイトルタグの書き方で3番目をクリックしてもらいやすくなるんです。

 

 下記に例を挙げました。1番目と2番目はありきたりなよくあるタイトルタグです。

 

 3番目はどうでしょう?

 「最短30分仕上げ」とか「新作メガネが最大30%オフ」など具体的な数字が入り、上位2つよりも目を惹くはずです。

 

 このように、タイトルタグの書き方は大事なポイントなのです。

 

 ほかにもSEOを考える上でやるべきことがいろいろあります。

 

 SEO対策のご契約をしていただければ、お客様のWebサイトに合わせた施策を練り、対応いたします。興味をお持ちになりましたら、お気軽にご相談ください。お待ちしております。